>
>
>
窪川ポーク 米豚(くぼかわポークこめぶた)
米豚
高知から新たなブランド肉、誕生!

高知県の養豚で、戸数・頭数ともに県内ナンバーワンを誇るのが四万十町窪川地域です。ここでは地域の生産者が集まって「窪川養豚協会」を作り、配合飼料の統一など一体となった生産体制で肉の品質向上に取り組んできました。そして、平成22年、生産者たちのこだわりと四万十町の特産品である仁井田米の融合により誕生したのが「米豚」です!

産地四万十町窪川地域
ブランド豚を育てるブランド米
米豚

四万十川が流れる四万十町は標高230メートルに位置しており、昼夜の温度差が大きいことから美味しいお米が育つといわれる県内有数の米どころです。特に、四万十町窪川地域で栽培されている仁井田米は、味・香り・食感のどれをとっても素晴らしく、高知県内ではもちろん全国にもその名を広めつつあるブランド米となっています。贅沢にもその仁井田米を食べて育ったのが米豚なのです。

米豚ならではのおいしさ
米豚

代謝を助けるビタミンやミネラルが豊富といわれている豚肉は、必須アミノ酸をバランス良く含んだ優れたタンパク食品です。さらに、仁井田米を食べて育った米豚は脂に香りと甘みがあり、肉質も柔らかいと好評!米豚本来の味をシンプルに楽しむなら豚しゃぶ、ジューシー感を満喫するならトンカツがおすすめ。また、高知県の特産であるショウガと合わせたショウガ焼きも絶品です!

美味しいのには理由がある!

米豚の肉を分析して普通の肉と比べてみたところ、赤身の中の脂肪交雑(霜降り)が豊富であることや、その脂の融点が低いこと、さらにその脂の中には、香り・甘みを呈するオレイン酸をより多く含んでいることがわかりました。だから米豚のお肉は柔らかくて甘いんですね。

米豚 のご購入はこちら

下記のリンク先は外部リンクとなっております。
商品に関するお問い合わせ等は各Eコマースサイトにてお願いします。

  • 米豚
  • 米豚
  • 仁井田米を食べて育った米豚の脂は香りと甘味があり、肉質が柔らかい!

米豚 のご購入はこちら

高知の食肉