軍鶏
うま味も食感も抜群のシャモ肉
軍鶏
主な産地南国市

かつて米の二期作が盛んだった南国市では、農家の庭先でクズ米をエサにシャモが飼われていました。
その風景とシャモ肉を復活させようと「ごめんシャモ研究会」が発足。
現在、南国市では同研究会が中心となってシャモの飼育やメニュー開発などが盛んに行われています。

シャモ肉の特徴といえば、力強いうま味。
脂分は少なめでサッパリとしていますが、濃厚な味わいが出るためスープで楽しむ料理や野菜をたっぷり使う料理と好相性です。
また、肉に締まりがあってコリコリとした小気味よい食感がが楽しめるのも魅力。 味も食感も存在感あるお肉なんです!

軍鶏
龍馬さん、代わりにいただきます!
軍鶏

シャモ鍋といえば、必ずと言って良いほど坂本龍馬の名前が出てきます。
その理由は、龍馬が暗殺された日のエピソードにあります。
慶応3年11月15日の夜、京都近江屋で龍馬は盟友の中岡慎太郎とともに好物のシャモ鍋を食べようと、下僕にシャモ肉を買いに走らせたのだそう。
しかし、そのシャモを待つ間に事件は起こり、龍馬はシャモ鍋を食べ損なったと言われています。
もともと南国市にある才谷は坂本家の遠祖三代が眠るゆかりの地であり、龍馬も変名で「才谷梅太郎」と名乗っていたそうなので、 龍馬はよくシャモ鍋を食べていたのかもしれませんね。

軍鶏

南国市のシャモ鍋は、平成22年に開催された全国鍋コンテスト「彩の国鍋合戦」にて見事優勝し、第6代鍋奉行に輝いたほどの実力派。
龍馬が食べたかったシャモ鍋を私達が代わりにいただいちゃいましょう!

取材協力:ごめんシャモ研究会(外部リンク)

軍鶏 のご購入はこちら

下記のリンク先は外部リンクとなっております。
商品に関するお問い合わせ等は各Eコマースサイトにてお願いします。

  • 軍鶏
  • 軍鶏
  • 坂本龍馬も愛したと言われる逸品。締まりのある肉質で、力強いうま味が楽しめるのが特徴。シャモ鍋にするのがおすすめ!

軍鶏 のご購入はこちら

高知の食肉